バイナリーオプションで利用されるチャート分析

バイナリーオプションは勘だけでエントリーしても利益は得られません。為替の流れを分析し、値動きの方向を見極めることがHIGHとLOWの適切な判断に繋がります。為替の流れを知るツールとなるのが「テクニカル分析」です。

●テクニカル分析
テクニカル分析とは、過去から現在までの値動きを記録したチャートを下に、為替相場の方向性を判断する手法のことです。為替は常に上下動を繰返すものであり、一方向に伸び続けることはありません。従って、定められた時刻に為替がいくらになっているかを当てることは、基本的に不可能です。

ただ、バイナリーオプションは何回もエントリーを繰返すものであるため、「HIGH」と「LOW」のどちらの可能性が高いのかが分からないと、負けが多くなるだけです。つまり、1%でも可能性の高い方に賭けるのがバイナリーオプションの基本です。その可能性を知る判断材料には以下などがあります。

●レジスタンスラインとサポートライン
レジスタンスラインとサポートラインを見ることで、為替の反発が分かります。

1.レジスタンスライン(上値抵抗線)
為替の値動きは波のように上下動を繰り返しますが、各波の最高値を結んだラインが「レジスタンスライン」です。一般的に、値動きの波がレジスタンスラインまで上昇すると、そこから下降するため、「LOW」が狙い目です。

2.サポートライン(下値支持線)
値動きの波の最安値を結んだラインのことで、値動きの波が「サポートライン」まで下降すると、そこから上昇に転じるため「HIGH」の可能性が高くなります。

ちなみに、一定のレジスタンスラインとサポートラインの間で為替が上下動する相場を「レンジ相場」と言います。

3.チャネルライン
為替は半永久的にレジスタンスライン、サポートラインの中で相場が形成されるとは限りません。例えば、レジスタンスラインを超えて為替が上昇傾向になることがあります。

ただ、その場合も上昇した高値を線で結ぶと、右上がりの斜め直線になることが少なくありません。そして、為替が上昇を続けても、斜め直線に来ると下落するようになります。その斜め直線が「チャネルライン」です。

同様に、為替がサポートラインを下回ったとしても、右下がり斜線のチャネルラインまで下落すると、反発して上昇するようになります。

●トレンド相場
レジスタンスラインとサポートラインが並行したチャネルラインを形成すると「トレンド相場」と呼ばれます。つまり、相場全体が上昇若しくは下降に流れていることを示します。トレンド相場の場合は、相場の方向に合わせて「HIGH」か「LOW」を選択すると勝てる確率が高くなります。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です