投資先としての不動産

NO IMAGE

投資商品というわけではないことが多いのですが、投資先としてはやはり不動産というのもその一つとなるでしょう.
株式や為替といったような値動きが極めて激しいものや様々な外部的要因を受けやすいものとは違ってかなり安定していることが多いです。もちろん、かての土地バブルというようなものもあったりするわけで、値動きがないわけではないです。毎年動いているといってもよいでしょう。
さて、不動産投資には、いくつかのやり方があります。
土地や建物を買うわけですが、運用することもありますし、転売用の投資用マンションとして買うこともあるでしょう。マンション経営経営、アパート経営、駐車場経営というのもあります。
あるいは自分がダイレクトに不動産を購入するというわけではないですが、不動産投資信託である、REITなども広義では不動産投資であるといえるてじょう。
多くの場合、不動産投資というのはお金を借りて行うということが多いので、金利の動向に影響を受けやすいということがあります。
ですが、全体的に家賃収入とか家駐車場収入というのは安定しやすいということがあるので、リスクとしてはやや高めではありますがリターンとしてもかなり安定的にそこそこ大きいのが期待できるので、人気がある投資であるといえるでしょう。