海外FXをするために役立つ知識

NO IMAGE

国内の業者との違い

海外FXは国内の業者と異なり、選ぶ前に確かめて副業として稼げるようにしたいものです。違いは最大レバレッジが1000倍まであり、少ない資金で大きなポジションを維持できます。このため、一獲千金を狙えるためトレーダーに注目されていますが、実際には資金管理や金融ライセンスが曖昧なため推奨されていないことが現実です。しかし、詐欺の被害に遭う可能性もあり、事前に口コミなどを確かめてから選ぶようにしないといけません。レバレッジは国内の業者では25倍まででトレードで利益を出すためにはある程度の資金が必要ですが、海外の業者では1000倍になり追証なしのゼロカットシステムが採用されて入金額以上の損失を防げます。以上のように、海外の業者は国内の業者と比べるとメリットとデメリットがあり、利用する前にサービス内容を確かめてから決めることが望ましいです。

どのような特徴があるのか

海外の業者はハイレバレッジで入金や新規口座開設でボーナスをもらえ、少ない資金でトレードができます。ただし、スプレッドが広めで取引コストがかかりますが、ECN口座にすると狭くして限られた時間で多くの取引をしやすくなって効果的です。ECN口座はスプレッドが狭いですがボーナスがなく、初心者より上級者向けといえます。FXはサラリーマンの副業としてもおすすめですが、海外の業者を選ぶなら安心してトレードができるようにしたいものです。海外の業者は日本語対応であるか確かめ、気軽に問い合わせができるようにしないと不安になります。また、信託保全でなければ倒産すると預けた資金を失うリスクもあり、事前に確かめてから利用することが望ましいです。

どのような業者を選ぶとベストなのか?

FX業者は国内と海外で多くありますが、最近では金融関係の変動が激しくなっています。このため、副業としてFXをする前に今後の予測をしてから決めないと失敗するリスクもあり、日本語対応で実績がある業者を選ぶことが大事です。口コミや評判は選ぶきっかけになりますが、最大レバレッジやドル円スプレッド、ボーナスの有無を確かめて決める必要があります。また、自動売買ツールを使えば代わりに取引をしてくれますが、購入する際には高額になり詐欺の被害に遭う可能性もあり注意が必要です。海外の業者は取引方式がNDD方式と透明性があり、約定スピードも早く安心できます。ただし、金融ライセンスがなければ出金拒否などをされる場合もあり、事前に受けているか確かめてから選ぶことが重要です。