必ず20万円ルールが適用されるわけではない

NO IMAGE

副業で収入を得たらまず税金の申告が必要であるのかどうかということを考えなければならないでしょう。
確定申告をする場合として20万円を超えた場合なのですが、副業が20万円以下でも申告が必須な部分もあります。
いわゆる20万円ルールというのは確定申告をするかしないかの基準の一つであって、副業で確定申告をしないといけないのかしなくても良いのかという基準ではなかったりします。
要するに何がいいたいのか、といえば本業がサラリーマンではなくて事業である時とか、本業がサラリーマンであったとしても医療費控除などを申請するために確定申告する場合などには、その時の副業が20万円以下であっても確定申告書に書く必要性があります。
この点が実はかなり間違えて考えてしまっている人がいるので、注意しなければならない点として覚えておきましょう。
一応、あくまで給与所得がメインであって当然会社が申告をしてくれているという状況において、あくまで副業として稼いでいる金額が20万円以下であると言うのであれば問題がないというのは大前提であり、それは正しい認識です。
ですが、他の様々な事情において確定申告をしなければならない要因が他に発生しているのであれば副業としてれている収入に関しても20万円以下であろうとも申告はしなければならないという形になるわけです。
特に前述の医療費控除の申請の時の確定申告がサラリーマンでもやらなければならない時が出たりするのでそういう時に注意するように心がけておきましょう。
正直なところ、副業の税金の申告というのはその人の状況によって結構変わってくることになりますので一概にこうやれば良いというのが限定できるわけではないです。
一般的に言われている20万円ルールというのはおおよそ正しいことではありますが、必ずしもそれが常に適用できるのかどうかというのが違うので注意です。
ただしあくまで例外的にというような感じになりますし、前述の通り他の事情で確定申告をする時などに20万円ルールが適用されなくなるという程度の話と理解しておきますと、基本的には大きく間違うことはないでしょう。
また実際に申告する時に注意点としてあるのが引くべきものがあるのであればきちんとした分を申請するということです。
つまりはその収入を得るために使ったお金に関してなどは当然ながら差し引いて考えるべきである、ということになりのます。
しかしそれを証明したりする事とか帳簿をつけておかなければならないとかやり方によって条件が変わってくるのでこちらもよく知っておかなければならない点でしょう。